スポーツ障害 | 札幌東区の整骨院・スポーツ障害 おだぎり整骨院へ

札幌東区整骨院・スポーツ障害 おだぎり整骨院
札幌東区整骨院・スポーツ障害 おだぎり整骨院

スポーツ障害SPORT

札幌東区整骨院・スポーツ障害 おだぎり整骨院

スポーツ障害について

長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に繰り返される過度の負担が積み重なって起こる障害の総称をスポーツ障害といいます。
軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります。
オーバーユーズ(身体の使い過ぎ)が原因となる為、成人だけでなく、部活などで毎日身体を動かしている成長期の子供にもよく起こる障害です。

スポーツ障害の種類

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。
スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、 スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

外傷

捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。

障害

特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

スポーツをされる方に多い障害

その他部位ごとの障害

当院のスポーツ障害治療

RICE処置

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

運動の種目に応じて動きを一緒に分析し、ケガの再発を防ぐ。そしてより良いパフォーマンスを発揮できるように治療していきます。
患部の治療はもちろんですが、段階に応じて運動しながら微弱電流を通電して、全身のバランスを整え、早期復帰とパフォーマンスアップにつなげていきます。

運動通電

身体のバランサー

人間が足でまっすぐ立っていられるのは体のどこで調節しているかご存知でしょうか。実は足底と呼ばれる足の裏側になります。
そこにはメカノレセプターと呼ばれる部分がセンサーとなり、体は今どのような体勢でいるかを確認しているのです。このセンサーは足の裏だけではなくいろいろなところに存在し、バランスを取っています。

子どもや高齢者の転倒

子どもや高齢者の転倒は大きな怪我につながることも多々あります。
筋力が未発達であったり、低下はもちろんありますがそのほかにメカノレセプターが正しく働いてない可能性があります。では、メカノレセプターはどのようにして働かせればいいのでしょうか。それは刺激を与えることです。
日ごろから意識して動かす、はだしで歩くなどすれば改善が見込めます。当院では不安定なマットにのり、微弱電流治療によって刺激を入れ、筋バランスの調整とメカノレセプターの 機能改善を図ります。また効果的な運動方法を知りたい方は当院にご相談ください。

Balance
Adjusting

体軸バランス調整法

スポーツでのパフォーマンスアップ。
ゴルフ、自転車競技などスポーツをされる方向けです。
姿勢が安定し、持っている筋力の効果を最大限に発揮しやすくなります。
左右のバランスがとれることによって、ケガの防止・抑止につながります。